• ©2020 JADE INC. All rights reserved.    ※ Microsoft、Windows、DirectX は、米国 Microsoft Corporation の米国、およびその他の国での踏力商標です。その他記載されている会社名、製品名は各社の登録商標です。
    地位にも金にも♀にも全く何の縁の無いBAD ROUTEのまま、
    【天の声】よる手違いでBAD ENDを迎えてしまった主人公。
    不祥事の隠蔽を謀った【天の声】によって、
    〝別の可能性〟に繋がる分岐点に戻されると、そこには……
    現役時代は♀目当ての変態扱いがイヤで選べなかった、
    [♂のいない〝元〟女子学園への入学]なる選択肢があった。
    BAD ROUTEに至ると知っている方を避け、
    〝元〟女子学園生活に飛び込んだ主人公は、
    紆余曲折の末、何人もの美少女と〝後は選ぶだけ〟に!!
    BAD ENDを回避したからHAPPY ROUTEだらけの世界になった~♪
    と思いきや、〝未来の記憶〟を思い浮かべてみれば、
    彼女らみんな、存在しないかBAD ENDに堕ちそうなんですけど!?
    このままだとロクでもない結末になると知っている♀らと、
    [前の選択肢に戻る]事ができた♂が進むべきROUTEとは……
    何もしなければBAD ENDだらけと知っている世界で、
    因果律に逆らうささやかな羽ばたきが、
    今、始まった。
    最悪の結果に終わった 人生を遡ってやり直し 、最悪の結末へ向かっていたヒロインと共に ハッピーエンド♥ を目指す美少女ゲームです。

    登場するヒロインは 7人 で、攻略ルートは 4つ

    姿形はもちろん、性格も趣味も全く違う らに共通するのは、彼女らの方から主人公に絡んで来る トコロ。

    ミンナの、そして ハッピーエンド を求めて 時間を遡った 主人公の行く末は?
    ってか、ヒロインの数と攻略ルートが合わない んだけど、そんな 微妙 な状況で主人公は ハッピーエンド にたどり着けるのか!?

    その目でお確かめください

    ところで忘れちゃいけない Hシーン
    当然、Hの趣味 もキャラによって大きく異なります。

    従順になりたがるコ、仕方なくキモチよくなっちゃうコ、優しいコに、優しすぎるコ、虐げられたがってるコに、従いたがってるコ、
    そしてピュアな を求めてるコ……

    7人 がその 趣味を全開 にして主人公に迫ってきます!
    そして、 ヒロインの数と攻略ルートが合わない となると……ね♥

    こちらもその目でお確かめくださいませ

    未来の記憶を保ったまま十数年の時を遡り、以前とは違うルートを選び直した主人公は、
    物語を進める中で絡まったヒロインたちが、危うい状況 にあると知ります。
    中には 未来の記憶にはいない
    恐らくは 生き延びる事すら叶わなかった ヒロインも……
    しかし、本作の主人公は多くのヒトがそうであるように
    時間を巻き戻せたらナニをしよう♪
    と真剣に考えた事などなく、大まかな歴史は曖昧な記憶があるような気がしても、
    特定の人物、地域、時期に役立ちそうな情報は持ち合わせていません。
    このままだと以前のルートと同様、
    目の前の美少女たちは〝ロクでもない結末に堕ちていく事に!?
    でもここは、[前の選択肢に戻る] 事を強いられ、選び直した以前とは違うルート!
    同じ結末に至らない可能性だってあるハズ!!
    そして主人公は、ヒロインたちが 最悪の結末 に堕ちたルートとの相違点であり、このルートの行く末、あのコらが バッドエンド に堕ちると知っている唯一の存在。
    そう、彼女らの未来は、あなた次第なのです!
    選択肢に〝選ぶとどうなるか〟が何となく予想できるアイコンを添えて、
    お好みのキャラに絞った展開をストレス無く読み進める事ができます。 (※)
    ※ ON/OFFできます
    自分次第でストーリーが動く〝ADVの主人公〟ならではの 緊張感 と、
    サクサク進めて ノンストレス なエンターテインメント……
    それらを自由な匙加減でお楽しみいただけます
    お気軽にお楽しみいただける〝お気楽コメディ〟です。
    選択を間違えた覚えが無いのに シリアス っぽいシーンがあったとしても、それは長めの コント の一部です
    物語が進行する舞台についての設定、予備知識のようなモノです。
    本編中でも触れますので全く知らなくてもお楽しみいただけますが、まだご購入いただいていないのにもかかわらずココまで読んでくださいましたアナタが、
    より興味を深める材料になりましたら幸いです

    物語の導入部は、今から十数年後。
    主人公はとある事情から、替わりはいくらでもいる量産型の底辺民にしかなれず、ブラックな環境で使い捨てられる日々を過ごしていました。
    当人なりに足掻いているつもりですが、国自体が滅びへ向かって転げ落ちている(※)、頑張る事に意味が無い時代である事もわかっています。

    ※ こうなる以前に海外渡航は禁止されており、逃げ出す事もできなくなっていました。

    超常の存在たる【天の声】とヒトは異なる時空に存在しており、主人公の時間を巻き戻しても影響はありません。
    箱庭観察型ゲームのプレイヤーと、ゲーム中の名も無き村人のような関係です。

    主人公が生まれ育った山間の町は、本編が始まる時点(※) から凡そ一年前の大嵐で地図から消えました。
    その日、主人公は両親と共に物語の舞台となる街に避難していましたが、その記憶はありません。
    嵐が本格化する前に所用で外出したところまでは覚えていますが、目が覚めたのはそれから数ヶ月後……病院のベッドの上でした。
    暴風雨にハンドルを取られたトラックと遭遇、避けた拍子に転んで頭を強く打ったらしく、何も覚えていない原因はその辺りのようです。
    気にはなりましたが、ほぼ無傷だった上に、目が覚めたのが進学を間近に控えた時期で慌ただしく、済んだ事を振り返っている余裕はありません。
    その後も最期まで余裕が無かった為に、時間を遡って話題になるまですっかり忘れ去っていました。
    物語中では一年前でも主人公にとっては十数年のイベントであり、全てにもやがかかってはっきりしなくなっています。

    ※ 【天の声】により[前の選択肢に戻る]事を強いられ、目覚めた時点です

    物編の舞台となるのは、永い歴史を誇る地が発展し、それでいて狭さを感じない程度に余裕がある、〝地方〟都市です。
    少女たちが憧れるに足る環境と、名家が娘を預けるに相応しい落ち着きを兼ね備えているとも言えます。
    周辺を圧倒する規模と設備を誇る病院があり、万が一の時も安心です。
    しかしながら、人気のある地にお呼び出ないモノまで集まるのは世の常であり、近年は怪しげな輩が怪しげな街の一角を闊歩したり、
    名門学園と紛らわしい名で門戸を広く開いた学園まで開設されていたりと、情勢は変化しつつあります。
    また、曲がり形にも〝都市〟と呼ばれるまでに発展したのは外から多くのヒトがやって来たからであって、
    彼らにとって何の意味も無い風習や季節ごとの祭りは、今や関係者だけの会合と化し、長い歴史も記録に残るだけのものとなりつつあります。

    生まれ育った町と共に、〝進学先〟を失った学生たちに支援の手が差し伸べられる中、主人公に提案されていたのは、
    よりによって伝統と格式のある〝元〟お嬢様学園でした。
    学力は勿論、学費や出自などの他、公にできない条件もあると噂されるほどにハードルが高く、女子の間では広く名が知れる憧れの学園だとか。
    実際、真のお嬢様も少なくないらしく、それなりの少女たちによってその二つ名に相応しい格が創出されています。
    そんな名門学園と言え少子化の波には抗えず、表向きは時代に合わせて、その実は学生数確保の為……
    即ち経済的事情の変化に備えて共学となったのが、本編が始まる数年前。
    ところが元よりハードルが高い上に、女の園へ飛び込むメリットを吹き飛ばしそうなデメリットが障壁となってか、昨年度まで男子学生は0人。
    かく言う主人公も、 バッドエンドへ至った以前の人生では〝圧倒的多数派に抑圧され続けるであろうストレス〟〝女目当ての変態扱い〟
    〝常時セクハラ痴漢犯となる危機的状況〟その他諸々の特殊な事情が自らの手に余ると考え、辞退していました。
    ♂を〝♂だから〟という理由で忌み嫌い、元の女子学園に戻すべく活動しているOGたちによる酷いイヤガラセもあると噂されていますが……

    よく出会い、よく言葉も交わすが、よく知らない少女。
    クラスメイトでもない。

    ♀ばかりの学園に入学し、告白した全ての♀からOKして貰った事に、〝都合が良すぎる〟と言うが……

    未来の記憶

    存在しない。

    主人公の従妹。

    客観的に見れば可憐な美少女だが、幼い頃から知っているがゆえに遠慮がなく、態度もそれなり。

    彼女のあられも無い姿を目撃してしまった事で主人公の人生が揺れ動き、分岐していく事になる。

    胸の成長は完了済み。

    未来の記憶

    〝幸せな花嫁になる〟夢を諦め、
    希望のない余生を無為に過ごすだけの日々。

    才色兼備で文武両道、初年度にして学生会の役員を務める、画に描いたような強気系美少女。

    なぜか自己評価が低い。

    ♂嫌いで共学化の撤回を求めている勢力に組みしており、主人公を目の敵にしている。

    眞優梨とは幼い頃からの親友。

    未来の記憶

    その優秀さで夢も希望もない世界と自らの限界を理解、
    絶望して現実に背を向けようとしていた。

    金髪に青と赤のカラコン、着崩した制服で不躾な言動と、お嬢様学園らしからぬ少女。
    ついでに胸と尻のサイズも派手。

    だがしかし、所詮はお嬢様学園。
    外部からやってきた主人公には微笑ましいレベルでしかない。

    カレシ持ちらしいが……

    未来の記憶

    拉致され殺害される。
    その動画が話題になり、主人公も目にしていた。

    主人公とは別のクラス。

    艶やかな髪に減り張りのある体型と派手な見た目とは裏腹に態度は控えめで、存在感が薄い。

    父親はおらず、母親は海の向こうで活躍しているアーティストだとか。

    目立つがゆえの反動か、他人の目障りにならないような身のこなしが得意。

    未来の記憶

    直接の接点は無く、詳細は不明。
    通り魔に襲われた〝姉妹〟の噂が本当なら……

    同じクラスで隣の席。

    前髪に遮られて綺麗な瞳の他はよく見えないが、主人公は美少女であると確信している。

    極度に控えめで会話の成立が困難な程だが、♂を怖れている風ではなく、主人公への挨拶も欠かさない。

    見た目は緩い。

    未来の記憶

    眞優梨の結婚式で見かけたが、詳細は不明。
    有力者らしき男たちに囲われているようだった。

    ♀ばかりの中にあって唯一落ち着ける、心のオアシス。

    美形だが砕けた態度で接しやすく、主人公とも仲が良い。

    男装の美少女然とした容姿だが、♂トイレで視界をよぎったアレを確認済み。

    家庭の事情で自由が無い。

    未来の記憶

    直接の接点は無く、詳細は不明。
    獄中で惨殺された学生の噂が本当なら……

    元は、詰まらないトラブルを避けて何もしないでいたら人生そのものがが詰まらなくなってしまった、詰まらない♂だった。

    【天の声】の手違いで学生時代からやり直す羽目になり心機一転、今度は〝何もしない人生とは決別する!〟と意気込むが……

    過去に戻れる可能性など本気で考えた事はなく、〝未来の記憶〟は大まかな世間の動向か直前の世間話ぐらいであり、学園生活には役立ちそうにない。

    両親と離れて叔父の家に居候中。

    未来の記憶

    とある事情から、
    代わりはいくらでもいる量産型の底辺民に。

    主人公の母親の妹にして眞優梨の母。

    が、当人の前でその関係を、一般的な言葉で表す事は許されない。

    結婚を機に主婦になったが、今は復職。
    元同僚で海外赴任中の夫とは、今だに熱々であり、その声を日常的に聞きたいが為だけに会社へ。

    家を空ける事が多い。

    未来の記憶

    最愛の夫が無念の死を遂げ、そのショックで正気を失っていた。

    学園長にして幾つもの大会社を有する企業家でもあり、代議士の経験もある有力者。

    見た目も地位以上に一級品。

    来たるべき少子化に備えて共学化を推し進めたものの未だ実績が無く、漸く入学してくれた主人公に一目置いている。

    未来の記憶

    エグゼクティヴとしての実績の全てが、不正といかがわしい企みによるものだった真実が公となり、自殺していた。

    街に古くからある旧家で名家の現当主にして、瑞希の父親。

    古くからある集落故に法や常識に囚われない影響力を持つ。

    しかし最近は外部からの移住者が増えて怖れ敬う人々ばかりではなくなり、嘗て程の勢いは無い。

    未来の記憶

    地元の有力者が出席していたはずの眞優梨の結婚式にはいなかった。
    親族や使用人を殺害した学生が、報復され悲惨な末路を遂げたニュースを覚えているが……

    同じ街にある、鬱陶しい意味で元気のいい学園の学生。

    駄目な意味で賑やかな街の一角ではそれなりの立場にいるらしく、常に大勢のお友達と一緒に遊んでいる。
    そこには遊び人である詩那の姿も……

    〝スザク〟と呼ぶ嫌な意味で勇ましい先輩がいるらしい。

    未来の記憶

    この類の生物に知り合いはいない。
    出会った瞬間に忘れていい相手であり、記憶の中に存在しない事に深い意味はない。

    女子アナに始まり、タレントを経て代議士にもなり、現在は作家として持論を世に広めつつ、TVでコメンテーターとして政財界に睨みを利かせている実力者。

    学園のOGで、男子を排斥して女子学園に戻そうとしている勢力を支援している。

    未来の記憶

    この国の頂点に上りつめるだけでなく、世界の行く末を左右するまでの実力者になっていた。

    黛夫妻と同じ商社に勤めている。

    息子を妹に押しつけ、怪しげな土木作業員をしている夫と海の向こうで暗躍中。

    眞由美と同様、一時は結婚退職していたが、大災害で住む家を失ったの機に復職を果たした。

    未来の記憶

    夫と共に悪逆非道の限りを尽くす世界平和の敵と見做され、非業の死を遂げている。
    誤解や言いがかりの可能性もあったが、肩を持てば同様の扱いを受けかねず、口にする者はいない。

    主人公の名前を読み違えて木っ端微塵にしちゃったお茶目さん。

    漢字と日本語が苦手で、難読ネームを心から憎んでいる。

    自らのミスを隠蔽する為、

    主人公に〝前の選択肢に戻る〟事を強いて一件落着。

    残業はしない主義。

    右側はサブキャラクターです。
    女性キャラであっても、
    攻略対象ではありません。
    ※ 画像データを加工しての頒布、販売、再配布はご遠慮ください。
    ※ 画面は開発中のもので、実際とは異なる場合があります。
    ※ このサンプル画像は縮小されています。製品版の基本的な解像度はFullHD(1920×1080)となります。
    ※ 内容、仕様は予告なく変更する場合があります。
    この度は LOVE・デスティネーション をお買い上げいただきまして、誠にありがとうございます。
    ゲームの動作に不具合が生じた場合は、まず下記につきましてご確認ください。
    安定はしているが動作が極端に遅い場合
    Windows®10をお使いの場合は、[設定][プライバシー][バックグラウンド アプリ] にあります アプリのバックグラウンド実行を許可するオフ にしますと、システム全体の負荷が軽減し改善する場合あります。
    グラフィックカードを導入、或いはメモリ帯域幅に優れるものに交換すると改善される場合があります。
    本作は動作環境下限のintel® Core™ 2 Duoと同時代のグラフィックカードによるFullHD環境での動作を確認しておりますが、これより世代が新しくとも、CPUの機能でグラフィックを表示しますPCでは性能が十分でない場合があります。
    中には製品序列形成のために機能を制限して価格を抑えている場合もあり、小さなテクスチャで構成されている軽い3Dゲームでは十分でも、大きな画像データを頻繁に取り扱うビジュアルノベル形式のソフトウェアが苦手なものがあります。
    また、本作はFullHD作品ですが、解像度がそれに満たない環境でも内部では実サイズでは処理されますので、縮小に要する処理能力の分さらに遅くなる怖れがあります。
    この場合はFullHDの表示装置に変更、または外部接続すると改善する場合があります。
    その他、動作に不具合が生じました場合は、スタートアップマニュアルの [ユーザーサポート] をご覧くださいませ。
    なお、LOVE・デスティネーション は株式会社ビジュアルアーツ様のスクリプトエンジン、[Siglus]を使用させていただいております。
    マニュアルの通りにお試しいただいても解決しない場合は、↓も併せてご覧いただきますようお願いいたします。
    株式会社ビジュアルアーツ テクニカルサポート
    ゲームの内容や攻略方法につきましてのご質問にはお答えできません。あらかじめご了承ください。
  • ※ 画像データを加工しての頒布、販売、再配布はご遠慮ください。
    ※ 内容、仕様は予告なく変更する場合があります。
    LOVE・デスティネーション を冒頭から各ヒロインに分岐するところまでお試しいただけます。
    Google Drive での
    [プレビューに問題が発生]
    [ウイルススキャンを実行できない]
    等の警告は大きなファイルを扱う際の仕様で問題はありませんので、そのままダウンロードをお続けください。
    タイトル画面右上に Version 1.00.a と表示されていましたら最新版です。
    表記無き場合は Version 1.00 となりコンフィグの一部に不具合がございますので、念の為本サイトを更新の後、再ダウンロードしてくださいますようお願いいたします。
    画面は開発中のもので、実際とは異なる場合があります。
    データを加工しての頒布、販売、再配布はご遠慮ください。
    体験場として制作されているために製品版とは一部内容が異なります。予めご了承ください。
    内容、仕様は予告なく変更する場合があります。
    ♬ パッケージ版のご購入に際しましては、こちらのショップ様へお問い合わせ下さいませ ♬
    ソフマップ 様
    Getchu.com 様
    amazon.co.jp 様
    とらのあな 様
    トレーダー 様
    FANZA 様
    プロップ通販 様
    古川電気 様
    ALICE NET 様
    Bookmate 様
    ファミーズ 様
    よろずやびっく宝島 様
    ゲーマーズ 様
    シーガル 様
    UP!オンラインモール 様
    発売時にご許可をいただけましたショップ様を掲載しております。
    事実と異なる内容等ございましたら、までご連絡くださいますようお願いいたします。
    タイトル LOVE・デスティネーション
    ブランド ジェイド
    発売日 2020年 2月 28日 金曜日
    価格 パッケージ版:8,800円 (税別) ダウンロード版:7,200円 (税別)
    ジャンル 死に戻れた2周目でモテモテライフ♥を夢見たら、そこは全員バッドエンドのハーレムルート♥だったADV
    レーティング

    18禁
    音声

    攻略対象ヒロインと主要キャラのみフルボイス
    対応OS 日本語版 Microsoft®Windows®10/8.1 32bit/64bit
    メディア DVD-ROM(パッケージ版)
    解像度 FullHD(1920×1080)
    対応OS 日本語版 Microsoft®Windows®10/8.1 32bit/64bit (※1)
    CPU intel® Core™ 2 Duo 以上 (※2)
    メモリ 4GB 以上
    必要ストレージ空き容量 4GB 以上の空き容量
    DirectX® PC 本体及び周辺機器が DirectX® 9.0 以上に対応していること
    グラフィック DirectX® 9.0 以上に対応したグラフィック機能
    画面解像度 1920×1080 24bit/32bit カラー (※3)
    VRAM 256MB 以上
    Shader Model Shader Model 2.0 以上
    サウンド DirectSound®(DirectX® 9.0 以上)に対応したサウンド機能
    その他 マウス、キーボード、パッケージ版はDVDドライブ
    ※1 日本語版 Windows® PC として販売されていない機器は動作保証対象外です。
    ※2 一部のGPU内蔵CPUでは快適なプレイが困難な場合があります。
    ※3 解像度が満たない場合は縮小して表示可能ですが、ふりがなが読みにくくなります。
    CPU intel® Core™ i5 以上
    VRAM容量 512MB 以上
    ※ 必須動作環境と異なる項目のみ記載しています
    アイ 歩サラ
    黛 眞優梨 奥川久美子
    椹木 咲麗子 あさり☆
    乙名 詩那 八ッ橋きなこ
    乙名 莉那 水霧けいと
    神尾 花梨 木野原さやか
    陵 瑞希 よぴこ
    天の声 水神楓
    キャラクターデザイン・色設定・原画・彩色 あげきち
    SDデザイン・SD原画・彩色 夏月まりな
    彩色設計 白恵りえ
    彩色 藤倉琉音 / 水月あるみ / さくら★ゆう / にやすけ / and JADE painting team
    背景・アイテム画像 アトリエ空機関
    プログラム 株式会社ビジュアルアーツ(Siglus)
    音楽 i.o.sound
    シナリオ FAZE and JADE screenwriting team
    スクリプト FAZE and JADE scripting team
    制作総指揮 JADE
    曲名 ジブンリセット
    i.o
    編曲・編曲 レインメーカー
    作詞 津上潤也
    曲名 NO BAD
    i.o
    作曲・編曲 レインメーカー
    作詞 ,YUMI